« ペンシー、D15 | トップページ | 2、Winby、デュープレックス »

2010年1月 5日 (火)

シカゴ博覧会、外国機

1893年のシカゴ博覧会に北米以外から出品されたのは以下の欧州製9台が確認されてます。

1、London and Northwestern 鉄道、複式3気筒、2-2-2-2 Queen Empress号
  クルー工場製 (英国)
2、単式4気筒、2-2-2-0James Toleman号
  Hawthorn Leslie製 (英国)
3、Great Western 鉄道、4-2-2 Lord of Isles号
  (英国)  
4、Nord(北部)鉄道、複式4気筒、4-4-0 機関車番号2122
  アルザス製 (フランス)
5、フランス国鉄、2-4-2 機関車番号2609
  Fives-Lille製 (フランス)
6、Ouest(西部)鉄道、0-6-0T 機関車番号3560
  (フランス)
7、Paris Orleans鉄道、0-6-0T 機関車番号2191
  Societe franco-belge製 (フランス)
8、Prusian州鉄道、複式、0-6-0 
  (ドイツ)
9、Prusian州鉄道鉄道、0-6-0T 機関車番号1838
  (ドイツ)

この9台機関車に関して解ってる事を書きたいと思います。
(1~9の順番でなく書きやすい物から書いていきます)

1、のQueen Empress号に関しては前々回に既に書いてますが、
雑誌Railroad Gazette, 1894年6月にはシカゴ博覧会展示関係について書かれてました。
以下は抄訳ですが、追加しておきます。
この機関車は1893年初めに作られた。Greater Britain号(1891年製造、同年10月就役) と姉妹機である。Queen Empress号は工場完成後、蒸気試験をせず、博覧会に送られた。
("Queen Empress,"on her completion in the shops, was not tried in steam, as is the usual practice, but was sent direct to the Worlds' Fair. )
その後博覧会が終了するまで蒸気運転はせず、博覧会が終了後初めて蒸気を使って1マイル長さの側線で試運転後、故国へ帰るため、英国製客車2両と米国客車3両を引いてニューヨークまで楽勝で自走した。
帰国後修理点検して、英国で就役したのは1894年2月10日である。

これらはクルー工場の自信をアピールしたのでしょう。
この記事では、ニューヨークからシカゴ博覧会会場への往路は不明です。
無火状態で他の機関車に引かれて来たか、シカゴの港まで船に載せて運河を遡行したのかと思います。

|

« ペンシー、D15 | トップページ | 2、Winby、デュープレックス »

コメント

> 博覧会が終了後初めて蒸気を使って1マイル長さの側線で試運転後、故国へ帰るため、英国製客車2両と米国客車3両を引いてニューヨークまで楽勝で自走した。

先日紹介した写真はその時に撮られたもののようですね。
http://columbus.iit.edu/bookfair/1500/00104062.jpg

投稿: RAILTRUCK | 2010年1月 6日 (水) 08時33分

英国型客車2両の後ろに米国型らしい客車がつながってるので、その可能性が大ですね。

投稿: 鈴木光太郎 | 2010年1月 6日 (水) 09時04分

万博出品物のリストということで、ビックリしました。先日、当方のブログで、このシカゴ博覧会に展示されたNYCの4-4-0に言及したものですから、大変に興味があります。出来ますれば、NYC機の展示の様子、アメリカの他鉄道の出品機関車、出典などをご紹介いただけると嬉しいのですが、宜しくお願いします。

投稿: ワークスK | 2010年1月23日 (土) 14時40分

ワークスKさん、今日は。

アメリカの他鉄道の博覧会出品機関車に関しては
http://white.ap.teacup.com/applet/kotaroooo/msgcate11/archive?b=66
↑でかなりの台数を書きましたが、これが全部かどうかは解りません。
上記URLは出品機関車の拡大図面などがリンク切れを起こしてるので、暇が出来たらおいおい直していくつもりです。
米国機ではNYCの4-4-0が目玉でしたが、展示方法は不明です。
欧州は他に英国古典機が数台出品された可能性もあるのですが、はっきりしません。
出典はここでは書けません。

投稿: 鈴木光太郎 | 2010年1月24日 (日) 21時42分

ご紹介ありがとうございました。凄い数ですね。その時分にファンがいたら、狂喜乱舞です。さらに、2-4-2という車輪配置を"コロンビア"と呼ぶ起源が、この万博とはビックリです。MRサイクロを確認しました。

投稿: ワークスK | 2010年1月25日 (月) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シカゴ博覧会、外国機:

« ペンシー、D15 | トップページ | 2、Winby、デュープレックス »